埼玉でおすすめ出来る外壁塗装の工事

埼玉県は、2000年にさいたま市が出来たことや首都高が埼玉県に延びたこと、そして鉄道も都心部まで行きやすくなったことから、人口が増えている傾向にあります。築10年から20年の住宅もかなり増えています。築10年以上から20年ぐらいまでの間で必要なメンテナンスは外壁塗装になります。外壁塗装をしないと自宅の耐用年数が徐々に短くなってしまい、30年も経過した頃にはお化け屋敷のようになってしまっている可能性があります。そこで、外壁塗装をするわけですが、お勧め出来る外壁塗装工事とはどのような工事でしょうか。埼玉の気候にあった塗装はどのような塗装でしょうか。ちなみに、埼玉県の特徴は、海がありませんので塩害の心配は無く、平地の場合は冬は0度になる日は数日だけという過ごしやすい気候です。

よい外壁塗装をするには見積りが重要

埼玉で質の良い外壁塗装をする場合には、複数の会社での見積りが重要になります。埼玉にはたくさんの塗装業者がありますので、比較をすることで、よりよい会社を選ぶことが出来ます。見積書を見るポイントは、塗装の作業の過程が細かく記載してあり、各項目に分かれているだけでなく、見積額が正確に書かれている会社を選ぶのが良いでしょう。逆に、内容がすかすかで、使用塗料やその額があまり明確に記載されておらず、価格も書かれていないのに、合計金額だけがしっかり書かれている会社は避けるべきです。詳細が明確になっていないのに合計金額が出ているのは怪しいでしょう。全般的に正確な内容が書いてあり一つ一つの根拠が明確な見積りがベストです。見積りに基づいて正確な契約書をつくってくれる業者を選ぶべきなのです。

オススメの塗料はどの塗料がいいか

外壁塗装の塗料は複数の種類がありますが、その中でも主に外壁塗装で利用されている塗料は、アクリル系塗料、ウレタン系塗料、シリコン系塗料、フッ素塗料があります。さらに、最近はこれらの塗料の良い所を組み合わせた、いわゆるハイブリッド塗料という特殊な塗料も存在するのです。上記の塗料の中で、埼玉県の気候的にはどの塗料でも問題ありませんが、やはり一番人気があるのがシリコン系の塗料でしょう。シリコン塗料は、大きく分けて2種類あり、水性のもの溶剤のものがあります。シンナーを利用する溶性はにおいが気になるという人も多いため、人体への負荷があまりない水性塗料が主に使われています。もし、見積り時に水性塗料となっていなければ、水性塗料で塗ってもらうようにするべきです。

Comments are closed.